役員及び外部接触職の行動自粛宣言


お客様 並びに関係各者 各位

役員及び外部接触職の行動自粛宣言

 

新型コロナウイルス感染の影響で、緊急事態宣言、政府からのステイホーム要請
等の観点から4月より私を含め外部接触を要する職域の者は行動制限、行動自粛をさせていただいております。
GW期間中ではございますが、公私ともに一切の県をまたぐ移動を禁止させていただきました。

会社の中枢部にあり、社内において業務運営の一環としても社員及び配布スタッフとの接触は、
社内感染対策規定に基づき必要不可欠でございます。

そのため、平常時の外部接触及び県をまたいでの移動などを行いますと、社内に感染を招く危険度、
また、県内、市内に感染を招く危険、
会社を率いる立場にある以上、中枢部からその責任を全うし、日本国民としての義務を果たすべきとの考えから
社長をはじめ外部接触職の者の行動自粛を厳しく継続いたしております。
弊社には社員とその家族、配布スタッフとその家族が存在し、社長、上層部は少なくとも会社を起点とする部分においてはそれ守る義務を負っていると思います。

新型コロナウイルスの脅威は、前代未聞であり、メディアの報道や街の様子、SNSなどを見ますと
「今やるべきこと、やれることを国民一人一人が実践する」そういう社会常識的観念の温度差がかなりあるように感じ、いまだ持って危機意識に欠ける方も多く存在することを痛感いたします。

私個人的にも営業活動、各種視察、打ち合わせなど、GW前から予定されておりましたが、
その一切を延期もしくは中止し、国民として、また会社を率いる者としての使命を果たすことが重要と認識いたしております。

「これくらいいいだろう」「自分は大丈夫」などの楽観的、破壊的観念が、この想定困難な事態を長引かせるだけということに皆さんどうか気づいてください。

海外においてはロックダウンなどの措置により、有無を言わさず完全閉鎖の生活を余儀なくされている国も少なくありません。

日本もそれくらいの措置を講じれば感染を最低限に抑えることができるのでしょうが、
政治的決定過程においても、こういった荒療治ができない状況下で、
危機管理効果から言っても一人一人の常識やこの先回復への協力姿勢にゆだねられ、強制的短期打開策を講じれないのです。
しかし、緊急事態で、有事であることは間違いないと思います。
だからこそ一人一人の行動こそが、どれだけの期間をもって収束するかを決定するのです。

私個人的にも「バブル崩壊」「リーマンショック」どちらの経済危機も経験いたしましたが、今回の新型コロナウイルスの影響は計り知れないと感じています。

弊社も営利企業である以上、経済活動は重要であり、この間も継続していく以上、
経営陣の社内へのリスク管理、国民としての終息協力などが最大の責務と考え、微力ながらそれを全うしたいと思います。

弊社の業務上、配布スタッフは社内での接触以外業務においては濃厚接触のリスクがほとんどございません。
業務の受注や遂行におきましては平常時とほぼ変わらぬ状況でございます。
従いまして受注に至るまでの営業活動やそれ以外の接触や移動を伴う業務は一部に限られております。

 

お客様や関係者におかれましては、一部ご不便をおかけすることもあるかと思いますが
何卒ご理解を賜りましたら幸いでございます。

長文誠に申し訳ございません。
以上をもちまして 役員及び外部接触職の行動自粛宣言 とさせていただきます。

 

2020年5月1日

株式会社プロミー